テレビは積極的には見ませんが、ラジオは好きです。最近はvoicyにはまっています。常になんかしらのBGMが欲しい人です。

無音の状態が落ち着かないのは、現代に生きる人のある種特徴ですかね。

風呂場にiPhoneを持ち込む生活

1人の時は家の中でもイヤホンをしています。iPhoneに耐水性がついてからは、お風呂にも持ち込むようになりました。ゆっくりお湯に浸かる時はもちろん、さっとシャワーを浴びるときですら持って行ってしまいます。

今更何を言ってるんだって話ですが、水場に持っていけるようになったのはほんと素晴らしいですね。

ほぼ毎回お風呂場にiPhoneを持っていくようになってから、防水スピーカーを買うことも考えました。でも中々購入まで踏み切れなかったというか、別にiPhoneのスピーカーからの音で充分じゃない?と思ってしまってそのまま使っていました。

しかしちょっと前に、ありがちなミスを犯しました。誰しもが予想する「操作中にスルッと手からiPhoneが浴槽へダイブ」。耐水性能あると分かっていてもあの瞬間はスローになります。お湯からiPhoneを取り出した時、やべえやべえと思いつつも「耐水って防水ってことっしょ?何も問題ねーよ、多分!」とタカをくくって確認します。

「プッ・・・プププッ・・プップッ・・.」

音が飛び飛びになっていました。実際はちゃんと機器を乾かしたらちゃんと元に戻りましたが、普通にぶっ壊れたと思いました。

コップにiPhoneを突っ込んでみたら音がでかくなった

この経験から、そのままiPhoneをお風呂場で使うのは具合悪いなーと考え始めます。操作中は当然浴槽の真上では行わないようにしましたが、音楽を流すときには浴槽の縁に平置きしていました。

するとシャワーがビチャビチャかかります。壊れはしないもののスピーカーに水が入るとまた音が変な感じに。

これはとうとう防水スピーカー導入か?もしくはお風呂場にiPhoneを持ち込むのを卒業するか、、と悩んだ時にふと思いついたのが「コップにiPhoneを突っ込んでみる」ということ。先すぼみになっているグラスだとスピーカーに水が触れないかなと思ってのことだったんですが、これが意外といい。

ガラスのコップってなんとなくメガホンみたいな形してるのがいいのか、音が大きくなるんですね。倍とはいいませんが、1.5倍くらいには感じます。

これを知ってから、もうほんとに防水スピーカーは僕に必要ないじゃんと思っています。

半年近くこの方法をとっていますが、今のところ問題が起こったことはありません。

最近のお気に入り、voicyの配信者「ハルカナさん」

そして冒頭でチラッと触れた今ハマっているvoicyの話。

恥ずかしながら最近知ったアプリです。簡単に説明すると「耳で聞くブログ」ですかね。雑談系や、IOTの情報発信系、インフルエンサーの方が発信していたり、ビジネスニュースや、語学レッスン系などなど、ほんとブログ的な感じで多彩な方々がチャンネルを開設しています。

基本音だけなので、ラジオ感覚で聴いています。歩きながらブログを読むと危ないですが、voicyだと安全です。もちろんお風呂場でも聞いています。

具体的に誰のチャンネルを聴いているのかと言うと、ハルカナさん(@harukana_8)の「#今夜もよく眠れるギークな話」というチャンネルです。もうずっと聴いてられます。声が可愛すぎる

落ち着いたトーンと声優さんのような聴きやすい声で、IOTや仕事の効率化の話などについてお話されています。

webのデザインや音楽制作に携わっているクリエイターさんだそうで、スマートスピーカーやアプリのUIについてイキイキとお話しされ、ご本人がとても楽しんで収録している様が伝わってきます。

雑談的な内容の回もありますが、ほとんどの内容はクリエイターやエンジニア向けのお話です。僕は畑違いなのでぶっちゃけ内容にはよくついていけないこともあるのですが、そういうコアなお話もハルカナさんの癒しボイスを通すと、なぜか最後まで聞いてしまいます

皆さんもvoicyそしてハルカナさんの放送を、聞いてみて下さい。内容に少しでも関心がある方だとより楽しく聴けると思いますし、僕みたいにど素人でも聴けてしまう魅力があるチャンネルです。

お風呂に入りながら、歩きながら、本を読みながら、ながら聴きに向いているvoicy、非常に気に入っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

都内の建築設計事務所で働く24歳です。興味の赴くままに発信します。ガジェット・ライフハック・小物・建築・アートなど特にカテゴリを絞ることなく、僕の備忘録のような位置付けで綴ります。